YouTube配信を外注するときに、アカウントのIDとパスワードを渡してしまっていませんか?
もちろんこれで配信できないことはないのですが、Googleアカウントは携帯番号と結び付けたりもしますから、アカウントのIDとパスワードを渡すのはいただけません。では、YouTubeLiveを自分以外は配信できないの?
いえいえ。YouTubeチャンネル管理者を追加して、Googleアカウントを持つ複数人で管理していくことができます。

YouTube STUDIO

まずは、管理権限を渡したいチャンネルのダッシュボードを開きます。
左メニューの下にある「設定」をクリックします。

 

 

 

左メニューの権限を選択して、「権限を管理」をクリックします。

 

 

 

 

 

新たなページが開きます。
ここでまた「権限を管理」をクリックします。
改めてログインが必要になるかもしれません。

 

 

 

 

右上の人のアイコン「新しいユーザーの追加」をクリックします。

 

 

 

 

新しいユーザーのメールアドレスを入力します。このアドレスは、Googleアカウントと紐づいている必要があるので、Gmeilが理想です。

ちなみに、アルファ企画にYouTubeLive配信をご依頼の場合は、alpha.uehara01@gmail.comを追加ください。

 

 

 

このユーザーの役割を「管理者」とし、「招待」をクリックします。

 

 

 

 

 

このようになれば、管理ユーザー追加のための作業は終わりです。

 

 

 

 

 

招待を受けたら

●●さんから「○○」の管理に招待されました というメールが届きます。
「招待に応じる」をクリックします。

 

 

 

管理者になることを承諾します。
というページになるので、「承諾」をクリックすると、チャンネルの管理者となり、動画のアップロードやLive配信の管理などが、そのアカウントでできるようになります。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

    おすすめの記事