イベントの進行プログラムや構成(台本)に従って、ディレクター、技術スタッフを中心に現地ロケーション、スタジオにて収録を行います。

撮影場所

  1. 屋外ロケーション
    ロケハンの時に確認した場所で、実際にカメラを通して抜き取った場合に、映像に入って差し障りのあるものがないか。また、音や、人通りなどに注意しながらの撮影となります。
  2. 屋内撮影
    社内風景や仕事のイメージなどを撮影する場合、オフィス内に映像に入って差し障りのあるものがないか事前にチェックしていただきます。 インタビューをする場合は、なるべく静かな場所(お部屋)をご用意下さい。
  3. スタジオ収録
    スタジオは、1時間ごとのレンタルとなります。準備に時間が取られないように、スタジオに入る前に準備できることは、事前に準備しておいてから、スタジオ収録へと望んでください。

 

撮影の進行

  1. 機材セッティング
    撮影開始の2時間前を目安にセッティングを始めさせて頂きます。
  2. リハーサル
    リハーサルを行う場合には、さらにその前にセッティングをします。
  3. 撮影本番
    撮影の際には、クライアント担当者様にお立会い頂き、映像 ・音声などがご要望通り正しく収録されているかご確認頂きます。

 

お問い合わせ

おすすめの記事