エンコード
エンコードとは、日本語であえて言えば、符号化。 アナログ信号やデジタルデータに特定の方法で、後に元の(あるいは類似の)信号またはデータに戻せるような変換を加えることである。 一般的には、エンコードするための機器・回路・プログラムをエンコーダ、デコードするための機器・回路・プログラムをデコーダと呼んでいる。 特にコンピュータ(特にパーソナルコンピュータ)分野では、エンコードとは、音声や動画などをコーデックを用いて圧縮する事を言う。
音声圧縮
音声圧縮とは、音声ファイルのサイズを削減する目的で設計されたデータ圧縮の一種である。音声圧縮アルゴリズムは、「オーディオコーデック」として実装される。汎用データ圧縮アルゴリズムは音声データには適さず、オリジナルの87%以下に圧縮できることがほとんどなく、リアルタイムの再生にも適さない。そのため、音声向けの可逆圧縮アルゴリズムや非可逆圧縮アルゴリズムが生み出された。非可逆圧縮アルゴリズムは圧縮率が非常に高く、一般の音響機器によく使われている。 可逆でも非可逆でも、情報の冗長性を削減するために、符号化手法、パターン認識、線形予測などの手法を駆使して、圧縮を行う。音声品質は若干落ちるが、多くのユーザーはその違いに気づかず、必要なデータ量は大幅に削減される。例えば、1枚のコンパクトディスクで、高品質な音楽データなら1時間しか記録できないが、可逆圧縮すれば2時間ぶんを記録でき、MP3のような非可逆圧縮なら7時間ぶんの音楽を記録できる。
  • 96kHz/24bit、44.1kHz/16bit
  • 5.1チャンネル
  • サブウーファー
  • ダイナミックレンジコンプレッション
  • ドルビーデジタル/AC-3
  • 2チャンネルダウンミックス
  • BTL接続
  • リニアPCM
  • 5.1ch (ドルビーデジタル/DTS )
  • 6,1ch (DD・EX/DTS-ES)
  • 7.1ch/8.1ch (CINMA-DSP と、そのDD・ES/DTS ・ES版)
  • 2ch (バーチャルサラウンド方式)
  • ドルビープロロジック
  • ドルビーデジタル
  • ディレイタイム/距離設定
  • テストトーン調整
  • バーチャルサラウンド(2ch/ ヘッドフォン)
お問い合わせ

おすすめの記事