弊社では、お客様がどのようなビデオ制作を望まれているのかを、お会いして打合せさせていただきます。映像のプロの立場から、お客様が望まれている成果を出す作品にするため、「映像の持つ力」を十分に活かした企画をご提案いたします。 必要な打合せ回数は、2回~3回となります。

第1回目のお打ち合わせ

ビデオを制作するにいたった経緯や、何のためにビデオを制作するのか、そのビデオを用いて、現在抱えているどのような問題を解決しようとしているのかなど、コンサルティングにまで踏み込んだご質問をいたします。
加えまして、ビデオ制作に関わる質問。撮影・編集・音楽・ナレーションなどの有無や完成映像のおおよその長さ、撮影対象やご用意頂ける素材、最終的に希望する納品形態、ご予算などをお伺いいたします。
第1回目のお打ち合わせでは、第2回目のお打ち合わせの日程を決めさせていただきます。

 

第2回目のお打ち合わせ

お客様とのお打ち合わせの後、ビデオ制作に対するご要望をしっかりと踏まえた、簡単な構成を含む分かりやすく伝わりやすい映像企画書を作成します。そして、ご予算につきましても、「ここを削ると幾ら予算を削ることが出来ます」や「ここにこれを加えると予算がこれだけ掛かりますが、こんな効果のある映像となります」など、ご提案させていただきます。
第2回目のお打ち合わせでは、どんな映像作品を制作していくのか制作方針・構成を決めさせていただきます。
この時点でのお見積もりが正式なお見積もりとなります。

 

第3回目のお打ち合わせ

作り込みが必要な映像作品の場合、お客様とのお打ち合わせの後、構成をもとに台本を作成します。構成よりも具体的な台本を作成し、撮影シーンの演出やナレーションの内容、効果映像など詳細を決めていきます。
台本の役割は、

  1. 撮影する内容をわかりやすく説明できるようにする
  2. ビデオらしさを表す
  3. 効果的な音を考える(映像は音によって変わってしまう)
  4. 現場音か音楽かナレーションか、具体的に考える
  5. いかに効果的な映像にするか

となります。

お問い合わせ

おすすめの記事